吹き出物と紫外線の関係について

吹き出物と紫外線の関係について

紫外線は肌を黒くしてしまうというイメージが強いですが、それ以外にも肌や吹き出物への悪影響がたくさんあるんです。

 

 

紫外線は美肌の大敵と分かっていながら、うっかり日焼けをしてしまったり、UVケアが毎日しっかりと出来ていない人も多いですよね。

 

 

吹き出物と紫外線の関係についての怖さを知らないから…。

紫外線の怖さとは肌トラブルを招いたり、肌の老化を促進すること。紫外線を浴びた肌は、肌を守ろうとメラニン色素を作りだすのですが、それがうまく排泄されていないと、シミの原因になります。

 

さらに、紫外線を受けることで体の中に活性酸素が多く生まれて吹き出物ができやすい肌状態を作りだすんです。

 

今までスキンケアを頑張ってきたけど、なかなか吹き出物などの肌トラブルが治らなかった人は紫外線の影響を大きく受けていたのかもしれません。紫外線対策をしっかりとしているかどうかでニキビ跡が治りずらくなってしまうという悪循環を生み出してしまいます。

 

吹き出物と紫外線予防に日焼け止めを塗る際の注意点としては。

パッケージに記されている量をちゃんと守ること。ベタつきが気になるからと言って、少量使いをしていると期待する効果は得られなくなってしまいます。

 

また、同時に確実に紫外線をカットするためには、日焼け止めクリームの上に、パウダーファンデーションを重ねるとより効果的になります。それはなぜかというと、ファンデーションの色粉は、紫外線錯乱剤と似ているから。

 

また、ファンデーションは、パウダータイプを使うのがおすすめです。リキッドやクリームタイプは界面活性剤の量が多く、余計な吹き出物の原因になるためです。

 

 

吹き出物の豆知識の関連記事