ノンエーローション・ノンエージェルの値段

 

ノンエーローションとノンエージェルの値段を見てみましょう。

 

ノンエーローション・ノンエージェルの値段

 

 

まず、ノンエー公式サイトから通常のネット値段で通販する場合の値段です。

 

ノンエーローションの値段

ノンエーローション・ノンエージェルの値段

 

  • 1本150ミリリットルで5,184円(税込)です。
  • 3本セットなら13,995円(税込)です。

 

 

 

ノンエージェルの値段

ノンエーローション・ノンエージェルの値段

 

  • 1本30グラム入りで5,184円です。
  • 3本セットなら13,995円(税込)です。

 

 

 

ノンエーのメーカーであるプライマリーの通販では、合計金額が税込で5,000円以上なら送料が無料になります。なので、どちらもこの値段なら送料無料です。

 

 

nona ノンエー公式サイトからお得に購入する方法があります。

 

ノンエーローション・ノンエージェルの値段│定期コース

定期コースで申込むと、ノンエーローション、ノンエージェルとも16パーセントオフの4,354円(税込)で、税込5000円未満なので送料540円(税込)がかかり合計4,902円(税込)になります。通常価格よりも、ちょっとだけお得です。3本セットなら13,062円(税込)で送料はかかりません。

 

ノンエーローションは3本で6か月、ノンエージェルは3本で6〜9か月使うことができるので、それぞれ1ヶ月分の値段に換算すると、かなりお得です。

 

ノンエーローションなら2,177円、ノンエージェルなら1,451円から2,177円です。化粧水や保湿剤は、さほど高くはありません。

 

 

ノンエーローション・ノンエージェルの値段

 

ノンエーローション・ノンエージェルの評判

 

ノンエーローションの評判を見てみましょう。

 

ノンエーローション・ノンエージェルの値段

 

洗顔後、乾燥するなあと思ったので、ノンエーローションを使ってみた。実は、母と一緒に洗顔石鹸とノンエーローションを使っています。お互いに使いながら、肌の調子を確認しあっています。とても励みになり、効果もよりあがったように思います。


 

ノンエーローション・ノンエージェルの値段

 

ノンエーローションを使うと、洗顔後の肌の調子がいいです。汚れが落ちてさっぱり後に、しっとりです。しっとりすると、ニキビが小さくなってきたことに気がついた。


 

 

次に、ノンエージェルの評判をみてみましょう。

 

ノンエーローション・ノンエージェルの値段

 

ニキビケアはしたいけれども、ノンエージェルまで必要なのかなと思った。実際に使ってみると、肌の触り心地がよく、ニキビもだんだんと少なくなってきたんです。続けてよかったです。これからも、ニキビケアはきちんとやっていこうと思っています。


 

ノンエーローション・ノンエージェルの値段

 

肌が脂性肌なので、保湿はひつようなのかどうか疑問に思いつつも、ニキビケアにいいというので、ノンエージェルを使いました。ジェルは、油分はないのに保湿できるので、べたつきがなくさっぱりした。そのさっぱり感がとても気に入っています。脂性肌もニキビも、ちょっとずつですが、改善されています。


 

>>ノンエー ローション・ジェルは同時に使う?

 

 

ノンエーローション・ノンエージェルの正しい使い方

 

ノンエーには、ノンエーローションとノンエージェルがあります。どちらも、ニキビケアには欠かせないケア用品です。

 

では、これらをニキビケアのためにより有効に使うには、どうしたらよいのでしょう。

 

ノンエーローションの正しい使い方

ノンエーローション・ノンエージェルの値段

まず、洗顔でニキビの汚れをきれいにしたあとには、ノンエーローションをつけます。顔から20センチほど離したところから数回プッシュしてから、手で顔全体にのばします。ただ、このときにごしごしこするのではなくて優しく手で広げていくようにします。

 

 

ノンエージェルの正しい使い方

ノンエーローション・ノンエージェルの値段

次に、ノンエージェルを使います。手のひらに、数回プッシュしてノンエージェルを取ります。顔全体に広げていきます。まんべんなく顔の全体に広げていきます。

 

このときでも、手で優しく顔全体に広げていくことです。頬をごしごしこすってしまうと、摩擦が起きます。摩擦は、肌にとっては刺激となってしまいます。刺激を受けると、肌は荒れてしまいます。せっかくのニキビケアも逆効果になってしまいます。手を使って広げるときには、とにかく優しくなでることです。

 

 

ノンエーローションとノンエージェルを正しく使うことで、ニキビケアの効果もアップしていくはずです。説明書をきちんと読んで、正しく使いましょう。

 

 

ノンエー石鹸は初回限定で「全額返金キャンペーン」なので、安心して試せますよ。

 

ノンエーローション・ノンエージェルの値段

 

 

ノンエーローションの成分に副作用ある?

 

ノンエーローション

ノンエーローションはニキビ対策用化粧水ですが、ニキビに効果があったとしても肌に合うかどうかは別の問題です。

 

そのため、使用して逆に肌が荒れたりしないか、副作用がないか気になる人もいるかもしれません。

 

 

ノンエーローションの成分

使用されている成分は主に天然成分と生薬を配合しており、様々な角度からニキビにアプローチするようになっています。

 

ビタミンC誘導体となる3-O-エチルアスコルビン酸がメラニンを抑制して透明感のある肌へと導き、保湿成分としても有効なイノシトール、ビルベリー葉エキス、マヨラナ葉エキスに加え、浸透率が高いとされる水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、トレハロースによって肌に潤いを与えます。

 

ニキビの原因となるアクネ菌による炎症を抑えるため、グリチルリチン酸2Kやアミノカプロン酸、カミツレ花エキス、レモングラスエキスなどが配合されています。さらにグレープフルーツエキスにエンメイソウエキス、ワイルドタイムエキスが肌を引き締めてくれるので、ニキビ予防と一緒に肌の調子が整うことも見逃せません。

 

これらは肌と同じ弱酸性を保つようにしてあり、天然成分で構成された化粧水となっていることから、副作用の心配はありません。敏感肌の人でも使用できるよう開発されているので、安心して使うことができます。

 

 

ノンエージェルの成分に副作用ある?

 

ノンエージェル

ニキビに悩んでいるという人にオススメなのが、洗顔後につけるノンエージェルです。

 

洗顔後は潤い成分が落とされており、どうしても乾燥してしまいます。ノンエージェルは、そんな洗顔後の潤い不足を補うことで、ニキビを改善していく効果を期待することができます。

 

保湿性の高いクリームは、油分がたっぷり含まれていることが多い傾向にあります。健やかだったり、皮脂が足りない場合には問題ありませんが、皮脂が詰まることで引き起こされるニキビに悩んでいるという場合、その油分がケアに役立つのではなく逆にニキビの原因になってしまうことも考えられます。

 

ノンエージェルの成分

ノンエージェルは、ノンオイルなうえ抗菌や殺菌作用に優れているため、効率的にニキビを改善することに役立ちます。副作用が心配という人もいると思いますが、天然由来の植物原料から抽出した成分を配合しており、副作用を引き起こすことのある香料や着色料、パラペンなどの添加物が入っておらず肌への負担が少ないため、非常に安全性は高くデリケートな肌質でも安心して使うことができます。

 

ただし、肌への負担が少ないと言っても体質によってはどうしても肌に合わないということもあります。肌に合わなかった場合には、使用を中止することが大切です。

 

 

ノンエーローション・ノンエージェルは1本でどの位もつの?

 

ノンエーローション

プライマリーから販売されているニキビケア用の化粧品のシリーズには、ノンエー石鹸の他にもローションとジェルが存在します。石鹸の方の初回限定特典用のプレゼントとしてもおなじみのアイテムですね。

 

ノンエーローションとノンエージェルもそれぞれ単品でも優れたニキビケア効果を発揮するので、毎日のニキビケアに欲しい人や石鹸と併用したい人は購入してみてはいかがでしょうか。このメーカーは旧厚生省表示指定成分を使っていないのでアレルギーが気になる人も安全に使えます。

 

ノンエーローションは保湿成分と肌を整える成分を配合しており、スプレーで吹きかけるだけでニキビ予防ができる新しいタイプの商品です。顔はもちろん背中やお尻のニキビケアに便利ですね。甘草エキスやヨーグルトエキスなど肌に優しい天然成分を使い、肌と同じ弱酸性に仕上げてあるので肌になじみやすくて使い心地もいいんですよ。

 

ノンエーローション1本分で約2か月はもちます。

 

 

ノンエージェルは、顔と体の両方のニキビ予防に使える保湿ジェルです。
1本でどの位もつのかという点に関してですが、

 

ノンエージェルの方は約2か月から3か月です。

 

12種類の植物エキスが肌の調子を整えてくれるので、ニキビの少ない肌に導いてくれます。シンプルで刺激の少ない方法でスキンケアをしたい人にいいですね。

 

 

ノンエーローション・ノンエージェルの値段